私さえ我慢すればいい

 

 

 

 

実は私はここ数日落ち込んでまして
一部の人に対して心が動かない、
頭ではわかっていても心がついていけない、
そんな状態でした。

私はウツにはならないと思ってましたが

心を閉ざすってこういうことなのか
突然何かのきっかけでこんなふうになることもある
誰がウツになってもおかしくないんだな

と思いました。

とてもプライベートなことで長くなるので
ここには書けませんが
今回、つくづく感じたのは

自分の感情を無理におさえこまない方がいい

ということ。
当たりまえのことなんですが
日本人は特に、おさえこんでる人が多いと思います。

数日前に、あることがきっかけで
22年間、自分の感情に蓋をしてきたことに
気づきました。

いやなこと、理不尽なこと、傷ついたこと
それをなかったことのように、平気な顔して
過ごしてきた。

子供のため、家族のため、
平和に穏やかに過ごすために。

そして、いい母親にならなきゃ
いい母親だと思われたい気持ちで。

私さえ我慢すればいいんだと思って。

それを意識してなくても
自分の感情に目をつぶって
相手に合わせて我慢していること、ありませんか?

実は、自分はこんなに傷ついてた
これを癒さないとな~
でも、どうやって?

頭の中、いろんな思考や感情がめぐり
トンネルの中にいるような感じでした。

そして、
誰にも言えない
誰にもわかってもらえないことが
けっこう辛いんだと感じました。

ふと思いつき、あるライフコーチの友達に
話してみました。
すると、聞いてもらっただけで半分ぐらい、
軽くなりました。

そして長く電話で話せない状況だったので
落ちた経緯と気持ちをLINEで長々送りました。

書いてるうちに、セルフコーチングもでき
かなり落ち着いたのです。

外に出すことで
こんなにも楽になれるなんて!

いつもクライアントさんに話していることを
自分事として腑に落とした感じです。

今回、数年ぶりにきつかったのですが、
この経験ができたことで、さらに
クライアントさんに寄り添えると思っています。

何事も、本当に意味があるんですね。

あなたが
自分の気持ちをおさえて我慢しているなら
なんらかの形で外に出してあげることをおすすめします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県の丹波篠山出身、埼玉県在住。 頑張ってる女性の心と体を癒し元気になる自宅サロン経営。 そして、あなたのとっておきの人生を応援する幸せ追求コーチ。 特に、人間関係で悩むあなた、本当にやりたいことを見つけて最高の自分を生きたいあなたを応援しています。